NEWS

2017.06.02

企業様との協働プロジェクトについての対応指針

 

  昨今、企業の皆様からいろいろなご支援やご企画をいただけることが多くなっております。選手達は皆さんのサポートがあって、部の運営が成り立っていることを身に染みて感じております。弊部といたしましては、今後もこうしたご支援をもとに部の発展を目指し活動してまいります。

 ご支援やご企画をいただける場合の指針を以下に定め、対応いたします。

 1 ご支援やご企画をいただける場合は、まず監督(武田知也)あるいはコーチ宛にお寄せいただきますようお願いいたします。検討して可及的速やかにご回答いたしますが、ご支援・ご企画の内容によりましては、回答に時間を要する場合や、回答を差し控える場合もありますのでご了承賜りたくお願い申し上げます。協働案件として決定した場合は、協働の期間、範囲、成果の広報方法についてご相談の上、書面を締結させていただく場合があります。

 【ご支援やご企画の例】
チームウェアの製作、サプリメントなどの食品の使用・摂取にかかわるモニター、クラウドソフトウェアの使用・モニター、運動器具のテスト など

2 上記1項の手続きにより決定したご支援やご企画につきましては、部員や選手のパフォーマンスに与えた影響について、弊部としてもその広報に全面的にご協力いたします。広報の方法、内容、記事などを共有させていただけましたら、当HPや活動報告誌「力漕」におきまして広報いたしますのでご相談ください。また「同志社大学体育会ボート部」の名称の使用につきましても、ご遠慮なくご相談いただけますようお願い申し上げます。

3 一方、上記の1項手続きに依らないご支援・ご企画につきましては、弊部として一切の協力をお断りさせていただきます。そのような事案が発覚した際は、「同志社大学体育会ボート部」などの名称の使用につきましては厳にお断りし、弊部の活動とは一切関係がないことをHPなどで公表させていただきます。

同志社大学体育会ボート部
監督 武田 知也


NEWSトップへ戻る

Copyright© 2013 durc.jp allright Reserved.
ページトップへ